元乃隅稲成神社(山口県)へのアクセス、駐車場、写真、角島もオススメ

元乃隅神社口コミ写真

元乃隅稲成神社へ行ってきたので

写真付きで紹介します。

山口県長門市の元乃隅稲成神社は

日本の絶景31選の1つとして

アメリカのテレビで紹介されました。

目の前に広がる絶景、荒波の海、波音、

そして朱色の鳥居という

一風変わった風景は実際に観ると

圧巻です。

島根県にある太鼓谷稲成神社から派生し建てられた稲荷神社です。

ご利益としては商売繁盛、縁結び、厄除け、学業成就など様々です。

京都の伏見稲荷にも

行った事がありますが、

連なった鳥居はやはり

伏見稲荷を思い起こさせました。

ちなみに京都は「稲荷」の文字ですが、

元乃隅は「稲成」です。

「成」には「成就」の意味があるとか。

元乃隅稲成神社へのアクセス、開館時間は?

元乃隅神社アクセス

元乃隅稲成神社の住所、

開館時間は下記の通りです。

〒759-4712 山口県長門市油谷津黄498

開館時間5:30~17:30(夜間は立ち入り不可)

カーナビ検索は食事処の「汐風(しおかぜ)」℡0837322003

車でのアクセスは下記の通り。

中国自動車道「美祢IC」から約60分

【長門市駅方面からの最寄り駅】長門古市駅
駅前に「古市タクシー」があります。(TEL:0837373194)※神社まで約20分

【下関駅方面からの最寄り駅】人丸駅
駅前に「人丸タクシー」があります。(TEL:0837321126)※神社まで約20分

元乃隅稲成神社は断崖絶壁にあるので、

「本当にこんな所にあるの?」

という細い山道を車で走ります。

ただ、複雑な分かれ道などはないですし

観光客(車)も多いので迷う事は少ないと思います。

道なりに行けば辿り着くので。

私が行った時は日曜日だったんですが、

休日だと車が多く、細い山道を車が

どんどん通って行くので

車についていって無事辿り着きました。

駐車場は有料、混雑具合など

元乃隅稲成神社の駐車場は以下の通り2箇所あります。

■乗用車
第1駐車場:92台
(神社の目の前)
第2駐車場:24台
(神社まで約200m)

乗用車
1時間につき300円
(1時間を超える毎に100円で最大500円)

かなりの台数がありますが、

休日は結構一杯になりますし、

駐車場に入るまでに数十分待たないと

いけないかもしれません。

私が行った時も15分くらい待ちました。

平日だと待ち時間はないかもしれないですね。

元乃隅稲成神社の景色写真

行ってみた感想は・・・

とにかく絶景!!

断崖絶壁の場所にそびえ立つ朱色の鳥居と景色がなんとも不思議な感じですが、海や空の青色と鳥居の赤色が合わさってなんとも言えないコントラストが圧巻です。

鳥居のトンネルをくぐるのも楽しい。

鳥居トンネル

上から見る鳥居も圧巻でした。

鳥居の向こうには海と空の絶景が広がっています。

トンネルを降りた後、鳥居を見上げた写真。(↓)

景色と海の波の音がとにかくすごいです。

白い波しぶきは「龍宮の潮吹き」というそうです。

景色
観光する上での注意点は?

元乃隅神社がある場所は断崖絶壁にあるので、足元がボコボコしていたり段差があったりで結構危ないんですが、手摺りなどは一切ありません。

なので特に子供連れで行く場合はお子さんの手をしっかり握ったり抱っこしていかないと危ないです。

そしてもう一つ、とにかく風が強い

なので、スカートや帽子をかぶるのはオススメしません。

そして風によって砂ぼこりも舞い上がり、少し目に入るのでご注意を。

駐車場近くの鳥居の上には高さ5mの場所にお賽銭箱があり、日本一入れにくい賽銭箱という事で有名です。

思いっきり空に向かって投げ入れなければいけないですからね、まず入りません(笑)。

ちなみに元乃隅神社から約40キロ離れた場所にこちらも絶景で有名な「角島」があります。

映画「四日間の奇蹟」の舞台にもなった場所です。

私も今回、元乃隅神社に行った後で角島へ行き、景色と海鮮丼を楽しみました。
是非、山口県の元乃隅神社と角島に「おいでませ」(いらっしゃいませ)。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク