膀胱炎が治るまでと処方された抗生物質、クランベリーの効果など|膀胱炎

私の膀胱炎の症状はまず頻尿からでした。

排尿痛や残尿感は最初はまったくなく、なんかトイレが異様に近いなといった感じで最初は気にしていませんでした。

この頻尿の段階で泌尿器科へ行って抗生物質を飲めばすぐに完治したのかもしれません。

でもただの頻尿で膀胱炎だと分かって病院へ行く事は難しいと思います。

頻尿が始まってから約1か月経った頃に残尿感が出始めました。

膀胱の中の菌によって粘膜に炎症が起こり、それが残尿感の原因になっていたようです。

その残尿感がすごく不快で辛かったです。

炎症が酷くなると頻尿も酷くなり、トイレに行って用を足した直後にまたトイレに行きたくなる重度の頻尿になり、仕事中も何度もトイレに立たないといけなくなり日常生活にも影響が出始めました。

たまに排尿痛を感じる事もありました。

排尿痛は激痛ではないのですが何とも言えない不快感が強かったです。

膀胱炎は自然治癒する?

自分の経験から言って膀胱炎を自然治癒で治すのはかなり難しいと思います。

水分をたっぷりとってトイレに行くという自然治癒の方法があり、私も試してみましたがトイレが近くなるだけで症状が改善する気配はまったくありませんでした。

膀胱炎の症状が出始めた時にはすでに膀胱内で菌もかなり繁殖している状態だと思うので、自然治癒を目指すよりはすぐに病院に行ってまずは薬を処方してもらうのがいいと思います。

膀胱炎が酷くなってくると尿が濁っているのが見た目で分かります。

尿が濁るのは膀胱内の菌とたたかっている白血球や膀胱内の粘膜が炎症によって剥がれ落ち、それが尿と共に出て来るためのようです。

私も膀胱炎の症状がひどくなってきた時には尿が濁っていました。

あと腰痛もありました。

症状がひどいときにジワーっとした嫌な痛みを腰に感じていました。

膀胱炎は悪化すると腎臓にまで達して腎盂腎炎になってしまう可能性もあるそうなので、腰痛が酷くなってきたら要注意です。

膀胱炎で処方された抗生物質

私が泌尿器科で処方された薬(抗生物質)は

オゼックスフロモックスでした。

最初に泌尿器科に行った時にまずオゼックス(7日分)を処方されました。

オゼックスを飲み始めてから2日目くらいから膀胱炎の症状はみるみる内に改善していきました。

「このまま治るんだ!」ととても嬉しかったのですが、薬を飲み終わる頃(7日目)には膀胱炎の症状が再発し始めてしまいました。

再び病院へ行き、今度はフロモックス(5日分)を処方されました。

フロモックスは私の症状には合わなかったようで、飲んでも膀胱炎の症状はほどんど変わらずでした。

膀胱炎発症から1年後に再びオゼックスを処方されましたが、1度服用していたため耐性菌が出来ていたようで以前のように効いてはくれませんでした。

私の場合、抗生物質を飲むと胃がもやもやする副作用が出るので、胃が弱い人は胃腸薬なども一緒に処方してもらうといいと思います。

抗生物質で治らず、漢方を処方される

膀胱炎が抗生物質で治らず、あとは漢方と生活習慣の改善による治癒を目指す事になりました。

漢方は抗生物質のようにすぐに効果が出るものではないので、長期的に飲み続けていかなければいけません。

飲み始めこそスーッと穏やかに効いていくような感覚がありましたが、それも一時的でした。

処方された漢方は

「猪苓湯(ちょれいとう)」

「猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)」です。

炎症が酷くない場合は「猪苓湯(ちょれいとう)」、

炎症が酷い場合は「猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)」

が合うそうです。

実際に私も炎症が酷かったので猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)の方がよく効いてくれました。

飲み続けていると膀胱炎の症状は劇的に改善しないものの、症状は小康状態になりました。

再び泌尿器科へ行って調べてみてもらった所、膀胱内の菌はほとんどおらず綺麗になっていると言われました。

ですがつらい症状は続いていたのでなぜ?と思いました。

炎症がまだ続いているせいかもしれないとの事でこの時に「猪苓湯合四物湯」を処方してもらいました。

こんなに症状を感じているのに膀胱炎じゃないのはおかしいと思って間質性膀胱炎を疑った事もありました。

間質性膀胱炎は膀胱内で炎症の影響で

膀胱炎の症状が止まないようなので

自分の症状に似ているなと思いましたが、

間質性膀胱炎は細菌性膀胱炎から移行して

なるものではないという事を知り、

結局原因は膀胱内の炎症が治まらないせいなんだろうと思っていました。

月に1度病院へ通い続け、

その度に漢方を処方してもらい、

いつの間にか膀胱炎発症から12か月以上が経っていました。

もう慢性的な症状と思ってあきらめて過ごして行くしかないんだと思っていました。

膀胱炎の症状が悪化

膀胱炎発症から1年が過ぎた頃、再び膀胱炎の症状が悪化しました。

トイレで用を足して10分程しか経っていないのに、我慢出来なくて漏れてしまいそうなくらい尿を催すような状態でした。

再び病院へ行き、菌が繁殖していたため抗生物質を処方してもらいましたが以前飲んだ抗生物質だったためほとんど効きませんでした。

頻尿と膀胱の不快感が気になって夜寝付けなくなり、軽い鬱状態にまでなったため、病院で安定剤も処方してもらいました。

クランベリーで膀胱炎は改善する?

薬ではもう治らないと判断した私は

薬以外で膀胱炎の症状が改善する方法が

ないか調べ始めました。

クランベリーで膀胱炎の症状が

改善したという体験談を見つけ、

海外の有機栽培で安心できそうな素材で作られている

エクレクティック社のクランベリーサプリ

を見つけ、購入して飲み始めると

まるで抗生物質のようにスッと効いてくれ、

あれだけ酷かったのが嘘のように

症状が改善していきました。

(↓)クランベリーサプリ)

クランベリーサプリ

まず炎症による不快感が軽くなり、

残尿感もだいぶ治まって精神的に楽になりました。

ちなみにクランベリーサプリは

ちゃんと成分が濃縮されているものがオススメです。

1000円程度の安いものを飲んだ事がありますが、

その時は効果が感じられませんでした。

クランベリー効果

エクレクティック社のクランベリーは

数千円と高いですが

膀胱炎に苦しんで病院へ通い続ける事を

考えれば全然安いと思います。

クランベリーサプリを飲んで

症状が改善したという口コミは多いので、

膀胱炎に悩んでいる人は一度

クランベリーサプリを飲んでみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク