角島へ行くならホテル西長門リゾートへ宿泊。食事、口コミ紹介。

角島は我が家から車で1時間半くらいの場所にあります。

角島にはもう何度も行っています。日帰りで行く時もあれば1泊2日で行く時もあります。

角島には大きな宿泊施設はありません。(民宿?のようなものが数件ある程度)

なので、角島の近くで宿泊したいならホテル西長門リゾートがオススメです。

というかホテル西長門リゾートくらいしか大きな宿泊施設はありません。

ホテル西長門リゾートは夏の海水浴シーズンに宿泊客が多いようですが、私はあえてシーズンオフの寒い時期(11~12月)に行くのが好きです。

寒い冬に西長門リゾートの露天風呂に浸かるのが大好き。
露天風呂はオーシャンビュー。ザザン・・・と打ち寄せる波音を聞きながら目を瞑ってゆったり浸かると癒されます。

ホテル西長門リゾートは角島大橋のすぐ横に建っています。

↓角島大橋から撮ったホテル西長門リゾート。向こう岸に見える赤色の屋根の横長の建物がホテル西長門リゾートです。

↓ホテル西長門リゾートのバルコニーから撮った写真。遥か地平線まで見える一面の海。

夕日が沈んだ後も最高です。

こんな一面の海を眺めながら露天風呂に入れます。

↓ホテル西長門リゾートの駐車場からみた景色。(オレンジ色の屋根がホテル西長門リゾート)


ちなみにホテル西長門リゾートにはEV(電気自動車充電スタンド)があります。(普通充電)
主人の車が電気自動車なので、ホテル西長門リゾートに宿泊する時にはこのEVスタンドで充電できるので便利です。

部屋は綺麗?プライベートビーチとイルミネーションは?

ホテル西長門リゾートには和室と洋室があります。

洋室は確か数年前にリニューアルしたとかで、まだ子供たちが生まれる前、主人と2人だけでホテル西長門リゾートに宿泊した時にはとても綺麗でした。

今は子供が小さいので和室で予約しています。

部屋風呂は白い石鹸垢?のような汚れがあります。

まあほとんどの人は露天風呂に入ると思うので、部屋のお風呂には力を入れていないのでしょうが。

アメニティグッズはちゃんと揃っています。(化粧水、乳液、かみそり、綿棒など)

ホテルの庭はライトアップされていてお散歩できます。

↓ホテル西長門リゾートのプライベートビーチ。

冬は宿泊客が少ないのでプライベートビーチを私たち家族で独り占め状態。寒い中、子供は海を前に大はしゃぎ。

ホテル西長門リゾートの食事内容(和食、洋食)

食事(夕食)は洋食と和食があります。
私は毎回ほとんど和食をチョイスしています。
和食はホテル1階にある割烹「生簀篭」での食事になります。(洋食は2階)

↓フグ刺しプランだとこんなフグ刺しが出てきます。

↓こっちは舟盛り。もう刺身が新鮮ですっごく美味しかった・・・♪(「舟盛りプラン」を選ぶ必要があります)

ちなみに洋食も1度食べた事がありますが美味しかったです。

↓前菜(えび・いか・サーモン)

↓さつまいもスープ

↓あわびのオリーブオイル焼きとペースト

↓十穀米リゾット

↓スズキのバターソテー

↓牛フィレステーキ

↓デザート

ただ、ホテル西長門リゾートの口コミでもよく書かれている通り、洋食は量がちょっと足りないです。

女性には腹八分、男性には物足りないって感じ。

なので洋食を食べた時は私も主人も夜食にホテル内のお寿司屋さんのお寿司をルームサービスで注文して食べました。

このお寿司屋さんの寿司ネタの美味しい事・・・♪

ネタが新鮮で肉厚で歯ごたえ抜群。
主人も1度食べてここのお寿司が大のお気に入りになりました。
このお寿司屋さん、普段は夜遅くまで開いてるんですが、前回行った時は連休明けだったため、早めに閉まってしまい、夜食にお寿司を食べる事が出来ずに主人も私もとても残念でした。

連休明けに宿泊した時には早めにお寿司を注文する事をオススメします。

<ホテル西長門リゾート アクセス>
住所 〒759-5331 山口県下関市豊北町神田2045
連絡先:083-786-2111
アクセス
◆最寄り駅: 阿川駅(車・タクシー8分)
◆最寄りIC: 美祢IC(車60分)
◆最寄り空港: 山口宇部空港(車・タクシー100分)

送迎 あり(無料、要予約)
駐車場 あり(100台、無料、予約不要)、屋内駐車場なし
バイク駐車場 なし 駐車場に止めるのは可
EV充電スタンド あり(普通充電)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク