菊が浜海水浴場の駐車場、シャワー、海の家、宿泊について

7/17の海の日に家族で菊が浜海水浴場へ行ってきました。

萩には祖父が住んでいるので、私が子供の頃は海水浴と言えば菊が浜に来ていました。

今回20年ぶりくらいに菊が浜にやって来たんですが、人が一杯で賑わっていました。

昔は8月のお盆頃によく来ていたんですが、その頃はあまり人がいなかった記憶があります。

ちなみに8月頃になるとクラゲが出てきて刺されるのでご注意を。(私もよく刺されていました)

今回は7月だったからか?家族のだれもクラゲに刺される事はかったので快適な海水浴が出来ました。

菊が浜のすぐ横には指月山。

萩城があった場所なので、城壁跡があるのが風情があります。

反対側には宿泊施設・リゾートホテル美萩があります。

海の家もあり、貸し浮輪が置いてあったり、軽食も売っていましたよ。

菊が浜の駐車場料金は?トイレとシャワーの場所は?

菊が浜海水浴場の駐車場は菊が浜のすぐ横にあります。

ちなみに駐車料金は1回1000円です。

車で菊が浜に向かって道路で走っていると道路沿いに看板が出ているのですぐに見つかると思いますよ。

私たち家族は10時半頃に到着しましたが、駐車場はすでに残りの空きが2台くらいでギリギリ停められたので、海水浴には10時頃までに行った方がいいと思います。

11時頃に行くと満車で停められないと思うので・・・。

↓こんな感じで満杯でした。

ちなみに菊が浜海水浴場の駐車場はリゾートホテル美萩などの宿泊施設のすぐ隣りにあるので、車で走っていたらすぐに見つかると思いますよ。

(↓リゾートホテル美萩)

ちなみにトイレは駐車場のすぐ横にあります。↓その横にはシャワーもあります。

シャワーはビーチにある更衣室(プレハブ小屋)の横にも2つあります。

シャワーっていうか、ただの水が出るホースですが(笑)

でもこのホースの水で体を洗っている人は結構いましたよ。私たち家族もこのシャワーで済ませました。(水がかなり冷たかったです・・・)

「温かいシャワーが良い」という人は海の家の所に温水シャワーがありました。(有料で200円かかりますが)

いきなり水深が深くなるので注意

菊が浜の海は海岸から少し行くとあっという間に水深が深くなるので「おお~っ」ってちょっとびっくりするかもしれません。(慣れてれば大丈夫なんですが)

ですので子供連れの方は気を付けて下さいね。

海岸から泳いでちょっと行ったところ(写真の黄色いところ)には登る事ができます。

ですがここはすでに水深が深くて大人の私でも足が付かないので、泳げる人もしくは浮輪などがないと行けません。

菊が浜周辺の観光

菊が浜のすぐ裏手(萩城へ行く道の途中)には遊覧船があるので、海水浴のついでに遊覧船で萩観光もできます。

料金は大人1200円、子供600円です。

3月~11月の午前9時~午後5時まで運航しています。

あとは萩城跡ですね。菊が浜のすぐ横にあります。

遊覧船乗り場も萩城跡も菊が浜海水浴場から歩いて行けます。

萩城跡は「花燃ゆ」の撮影としても使われていて、世界遺産にも登録されているので観光客が結構いました。

萩城跡の中は特に見どころはありませんが、萩城に入る手前に鯉や亀がたくさんいてエサやりが出来る(有料50円)ので、子供がエサをやりたがります。

子供連れの場合は萩城に入る手前でかなり時間を食うと思います^^;

あとは車でちょっと行ったところには萩城下町がありますよ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク